会社概要
トップページ >> 沿革
お問い合わせはこちらから

沿革

1939/昭和14年 11月16日 宇治電化学工業株式会社設立。大阪市の宇治川電気株式会社(現在の関西電力、現在資本関係なし)と、高知市の西山合名会社との提携による。取締役社長小池卯一郎、資本金60万円、従業員145名。
1940/昭和15年 6月10日 工場完成、生産開始。戦時下の資材不足で建物はすべて木造。電気炉は3相エール式開放型アーク炉、焚上方式5基。最大600KVA、通常500KVA。
11月1日 アランダム系(現行のJISのA系高アルミナ質)砥粒「トサンダム」販売開始。販売業務を西山合名会社に委託。
12月14日 西山合名会社種崎町本社全焼、立地条件を見通し現在の高知駅前に移転。
1947/昭和22年   インゴッドを購入し、粉砕、整砕して「トサエメリー」として販売開始。
関連して中古コニカルボールミルを購入。
加工工場分室を設け、「トサエメリー」の微粉生産開始。
1951/昭和26年   輸入天然エメリーより高品質の人造エメリー「トサエメリー・エキストラ」の生産販売を開始。
1953/昭和28年   「トサンダム」の生産を停止し、「トサエメリー・エキストラ」の全面生産体制に切替える。
1959/昭和34年 6月 香港・台湾など輸出先での市場調査、技術サービスのため海外出張を開始。「トサエメリーエキストラ」の輸出拡大を図る。
1960年/昭和35年 9月 大阪出張所を創設。
1962年/昭和37年 12月 資本金を6,000万円に増資。
1965年/昭和40年   東京事務所を創設、技術サービスを中心に市場の情報を収集。
1978年/昭和53年 1月 資本金を1億5,000万円に増資。
1982年/昭和57年 10月 プラスチックメディア(PC)の開発開始。
1984年/昭和59年 3月 トサアブレイシブの開発と販売を開始。
5月 プラスチックメディア(PC)試作プラント完成、販売開始。
1988年/昭和63年 4月 事業部制発足。開発部、総務部、エメリー事業部、セラミック事業部となる。
大阪出張所を大坂マーケティングセンター、東京出張所を東京R&Dセンターに改める。
1989年/平成元年 11月16日 創立50周年記念式典挙行。
1991年/平成3年 11月 乾式コンパウンドの開発開始。
湿式高速遠心バレル研磨機完成(LC920型)。
12月 乾式メディアの販売開始。
1992年/平成4年 7月 乾式高速遠心バレル研磨機完成(DC1000型)。
12月 乾式コンパウンドの販売開始。
1995年/平成7年 9月 リサイクストーン販売開始(再溶融スラグの実用化開始)。
1999年/平成11年 2月 創立60周年記念祝賀会・記念式典挙行。
2000年/平成12年  4月 ISO9002取得(人造エメリー研削材の製造)。
乾式研磨システム販売開始。
2003年/平成15年  6月 ISO9001:2000取得(人造エメリー研削材の設計・開発及び製造)。
2005年/平成17年  2月 ISO14001取得(本社工場)。
2010年/平成22年 1月 ISO14001返還
6月 ISO9001:2008版移行(人造エメリー研削材の設計・開発及び製造)。