セラミックスボール
トップページ >> 製品紹介 >> セラミックスボール
お問い合わせはこちらから

セラミックスボール

セラミックスボール

セラミックスボール

様々な遠赤製品づくりに活用されています。
ご注文に応じ、各種サイズを製造することも出来ます。

特徴

  • 9〜20ミクロンにおいて90%以上、5〜14ミクロンでは95%以上という高い遠赤外線放射率。
  • 親水性が高く、多孔質のため表面積が大きい。
  • 多孔質で、OH基を有することから吸着性(脱臭)に優れている。
  • 多孔質のため水を活性化し、ボイラーなどの熱効率を高めたり、赤錆の付着を減少させる。
  • 球状のため、水の流動抵抗が少ない。また、圧壊強度が高く高圧に耐えられる。
  • ハイアルミナを主成分としているため耐熱性に優れている。

遠赤外線放射率

遠赤外線放射率

化学組成

K2O Na2O MgO CaO SiO2 Al2O3
1.58% 1.41% 0.30% 0.74% 45.81% 43.40%
Fe2O3 TiO2 MnO P2O5 Cd Pd
4,52% 2.00% 0.05% 0.04% 検出限界
(0.2mg/kg)
以下
検出限界
(20mg/kg)
以下

物理特性(14±1∅)

項目 充塡密度
(kg/L)
充塡個数
(個/L)
表面積
(cm2/L)
真比重
(g/cm2)
嵩比重
(g/cm2)
測定値 1.184 351 2,341 3.01 2.07
項目 見掛比重
(g/cm2)
見掛気孔率
(%)
空間体積
(cm2/L)
乾燥空間体積
(cm2/L)
圧壊強度
(kgf/個)
測定値 2.85 35.4 428 607 254

有色部分は容器へ充填した値。それ以外はボール1個分の値。